パイピングの修理

パイピングとは、擦れ止めや装飾の他に、布や革の端の部分がほつれないように処理する始末の事を言います。ここでは、パイピングの修理についてご説明します。パイピング修理では、擦り切れて破れてしまったり、芯が見えてしまっている箇所の補修や交換をします。

まず、破れている部分を切り取り、分解します。寸法を測り、布や革の断裁をしたら、バッグ本体に貼り込み、分解した部分を元の状態に戻します。バッグの色や素材に合わせ、補修部分は段差が出ないように加工して貼り付けます。

バッグで一番劣化しやすい部分な為、しっかりと補強をします。料金は、修理業者によって様々です。一部補修では、約3000円から、全交換だと、1万円を超える場合があります。修理に出す際は、下調べをしてから出すようにしましょう。

パイピングはデザイン性もありますが、底の部分の為一番力がかかる部分でもあり、破損や劣化のしやすい部分です。そのまま放置しておくと他の部分にも影響し破損してしまう恐れがあります。また、見た目も使い古した感があり、良くありません。

パイピングを全交換となると料金も高額になりますので、出来るだけ早めに部分的に補強するだけでも、永く使用できるようになります。

注意点